WordPress管理画面のダッシュボードよりEmanon Premiumを更新してください。

不具合解消を目的にEmanon Premium ver1.5.5.3を追加アップデートしています。

アップデート内容

概要は更新履歴から確認ください。今回のアップデートで追加した主な機能は下記の通りです。

  • CTA[追従型]に離脱検知を追加
  • カスタム投稿[セミナー]の編集画面にてセミナー項目名をテストフィールドに変更
  • ウィジェットに[E] おすすめ記事を追加
  • 構造化データ author プロパティの拡張
  • 外観>カスタマイズ>デザイン設定>ドロワーメニュー設定にメニュー:子リスト要素を閉じる(初期値:有効)を追加
  • 外観>カスタマイズ>サイト基本情報>キャッチフレーズに改行HTMLタグの反映を許可:キャッチコピーの改行表示に対応

CTA[追従型]に離脱検知を追加

ページ離脱行為を検知した場合にCTA追従型をポップアップする機能を追加しました。離脱検知機能は、CTA[追従型]の四角形四角形[ブロックエディタ]のレイアウトに適用されます。スマホ・タブレット未対応です。また、アニメーション設定と併用はできません。

CTA追従型の離脱検知デモ

Emanon設定>CTA[追従型]の編集画面にて、離脱検知を有効にするだけで設定は完了します。

CTA[追従型]の編集画面

離脱検知は、マウスポインターがWebブラウザの外側に移動した時に発動し、CTA[追従型]をポップアップ表示します。CTA[追従型]の設定は、CTA[追従型]をご覧ください。

ドロワーメニュー設定にメニュー:子リスト要素を閉じる

外観>カスタマイズ>デザイン設定>ドロワーメニュー設定にメニュー:子リスト要素を閉じるのチェックを外すと、ドロワーメニュー内の子リスト(サブメニュー)が表示状態になります。

ドロワーメニューの表示例

キャッチフレーズに改行HTMLタグの反映を許可

キャッチフレーズの途中で改行を入れたい場合、外観>カスタマイズ>基本情報のキャッチフレーズに<br>を挿入してください。

JSON-LDを使った構造化データの拡張

Emanon Premiumは、JSON-LDを使った構造化データに対応しています。構造化データは、Webサイトのページ情報をより正確にGoogleに認識させる役割があり、HMLコードに出力します構造化データの設定については、JSON-LDを使った構造化データからご確認ください。