Xサーバーなどのレンタルサーバーには、WordPress(ワードプレス)の自動インストール機能があり、初めての方でも簡単に導入できます。このページでは、すでにWordPress本体をサーバーにインストール済みの方向けに、Wordpressの仕組みとテーマのインストール方法について説明します。

Xサーバーを使ったWordPress本体のインストール方法は、WordPressインストールと各種設定作業をご覧ください。

WordPressの仕組みを理解する

WordPressを使ってブログやサイトの運営を始めると、要望や課題に合わせてカスタマイズが必要になるケースもあります。本格的なカスタマイズには、PHPやHtml、cssの知識やWordpress独自の関数について知識が要求されますが、Wordpressの基本構造を理解することで、簡単なカスタマイズならご自身でもできるようになります。

WordPress本体のファイルを見ても記事に該当する個別のhtmlページはありません。では、WordPressは、どのようにページを表示しているのでしょうか?その仕組みを図解で説明します。

ワードプレスの仕組み

WordPressで作られたサイトやブログにブラウザ(ChromeやFirefox、Internet Explorerなど)からアクセスすると、WordpressはアクセスされたURLに該当する情報(記事タイトルやアイキャッチ、記事本文など)をデータベースから呼び出し、テーマと呼ばれるテンプレートからレイアウトなどのデザイン情報を取得し、ページとしてブラウザに表示します。

つまり、Wordpressはアクセスに応じて動的にページを作りだす仕組みと言えます。Wordpress本体のファイルを見ても記事に該当するhtmlページがない理由がお分かりいただけたと思います。

WordPressのテーマ構造を理解する

WordPressのテーマとは、簡単に説明すると「サイトのデザイン(レイアウトや配色など)を作り出すテンプレートの集まり」です。テーマを変更することで、サイトの見栄えは大きく変更することができます。

WordPressの主なページ情報は、サイトのトップページ。次に投稿ページ(ブログ記事ですね)。そして、固定ページ(「お問い合わせ」や「会社情報」などのページ)、最後にアーカイブページ(カテゴリー別、タグ別、日付別などで記事を分類し一覧表示するページ)の4つに分類できます。これらのページ情報を表示するレイアウトを司るのがテーマの役割となります。

WordPressのテンプレート

WordPressのテーマは、データベースから呼び出したページ情報を表示するためのテンプレート(phpファイル)で構成されています。例えば、投稿ページの情報は、single.phpというファイルに情報を流し込み表示します。このようにページ情報(どのような情報を表示するか)に応じて、様々なテンプレートが存在します。理解を深めるために、主なテンプレートをご紹介します。

テンプレート構成

index.php

WordPressの基本となるテンプレートです。特に指定がない場合は、index.phpがトップページになります。また、他のテンプレートがない場合、トップページ以外のページ(例えば、投稿記事ページや固定ページなど)でも使用されます。

header.php footer.php sidebar.php

index.phpからページの各要素(ヘッダー部分、フッター部分、サイドバー部分)を読み込むためのテンプレートです。Wordpressはページの各要素を部品化することで、少ない作業工数でカスタマイズやメンテナンスができる仕組みになっています。

single.php

投稿ページ専用のテンプレートです。single.phpは、index.phpと同様にheader.php、footer.php、sidebar.phpなどパーツとなるテンプレートファイルを読み込みます。投稿ページは、必ずカテゴリーに分類されるのが特徴です。

page.php

固定ページ専用のテンプレートです。固定ページは、投稿ページにようにカテゴリーに分類されず、独立したページとなります。お問い合わせページや会社情報、運営者プロフィールなどを記載するに向いたページです。

archive.php

投稿ページを一覧表示するためのテンプレートです。カテゴリー別、タグ別、日付別、投稿者別など分類に応じて投稿ページのリストを表示します。

WordPressのテンプレートは上記以外に、home.php、search.php、404.phpなど様々な種類があり、テーマによってテンプレートの構成は異なります。

また、テンプレートには表示優先順位が定められており、階層構造になっています。例えば、サイトのトップページを表示する際、home.phpがindex.phpより優先して使用されます。

テンプレートの種類と階層を詳しく知りたい方は、テンプレート階層 – WordPress Codex 日本語版をご覧ください。

親テーマと子テーマ

WordPressには親テーマと子テーマという概念があります。親テーマのレイアウトなどの一部をカスタマイズしたい場合、子テーマのフォルダにカスタマイズしたいファイルを親テーマからコピーし、カスタマイズします。

例えば、single.phpをカスタマイズしたい場合、親テーマからsingle.phpをコピーし、子テーマのフォルダー内に保存します。子テーマのsingle.phpをカスタマイズした後、子テーマのフォルダーをWordpressにアップロードし、子テーマを有効化すれば、カスタマイズが反映されます。

WordPressの子テーマには、次のような特徴があります。

  • 同名ファイルがあれば親テーマより子テーマのファイルが優先される。
  • 親テーマをアップグレードしても子テーマのファイルは影響を受けない。
  • カスタマイズに失敗しても親テーマのファイルからカスタマイズ前に復元できる。

WordPressテーマ「Emanon」は、カスタマイズ用に子テーマ「Emanon_child」をご用意しています。もしテーマをカスタマイズする場合は、子テーマの使用を推奨します。

注:子テーマを使用するには、親テーマのインストールが必要です。

テーマのインストール手順

WordPressテーマ、Emanonをインストールする手順をご紹介します。まず、デスクトップにEmanonの圧縮ファイルとEmanon_childの圧縮ファイルをそれぞれ用意してください。

WordPressの管理画面にログインしてください。本体をインストールした直後に公式テーマ(2016年1月時点だとTwenty Sixteen)が設定されています。

theme-02

管理画面の左側に見えるメニュー外観からテーマをクリックします。次に画面の上部にある「新規追加」のボタンをクリックしてください。

theme-03

テーマを追加する画面の上部ににある「テーマのアップロード」をクリックしてください。

theme-04

まず、Emanonの圧縮ファイルをアップロードします。次にEmanon_childの圧縮ファイルをアップロードしEmanon_childを有効化します。

theme-05

これでEmanonのインストールは終了です。

theme-06