Emanon Proには2種類のランディングページが用意されています。メール配信システムと連動することができる「ランディングページ(リード)」と、商品やサービス、セミナーなどの案内向けに利用する「ランディングページ(セールス)」の2種類です。固定ページの属性、テンプレートから設定することができます。

このページでは、「ランディングページ(リード)」の設定方法についてご案内します。手順に沿って必要箇所に入力することで、下記のような「ランディングページ(リード)」を複数設置することが可能です。

WordPress管理画面 > 固定ページ > 新規追加をクリックすると、下記画面が表示されます。固定ページの属性、テンプレートをクリックし、ランディングページ(リード)を選択(1)します。

「ランディングページ(リード)」デモページでは、アイキッチ画像を使用せずに、テキスト本文の冒頭に画像を挿入しています。(2)

メールフォームからの登録を誘導させるために、CTAを非表示設定にすることをおすすめします。(3)

メール配信システムのタグを入力

次に、ご利用になっているメール配信システムのタグをランディングページ(リード)の設定に入力します。(下記図を参照)

フォームタイトル

メール登録フォームのタイトル名を入力します。例:メルマガ登録

Form actionタグ

メール配信システムのForm actionタグを入力します。例 form action=”プログラムのURL”

Input submitタグ

メール配信システムのInput submitタグ(送信ボタン)を入力します。

Input textタグ

メール配信システムの項目名とセットでInput textタグを入力します。最大6つまで登録が可能です。

プラグイン「Contact Form 7」も使用可能

メール配信システムをご利用になっていない場合、プラグイン「Contact Form 7」のタグを入力することで、コンタクトフォームを設置することが可能です。

ランディングページ(リード)の使用方法

ランディングページ(リード)は、サイト訪問者のコンタクト情報(主にメールアドレス)を取得することに利用します。具体的には、SNS広告(Facebook広告など)でランディングページ(リード)を露出し、メルマガや無料PDFのダウンロードなどと引き換えにコンタクト情報を集めていきます。

取得したコンタクト情報に対して、メルマガなどでコミュニケーションを定期的に取り、見込み客へと育てる(リードナーチャリング)ことができます。あるタイミングで、見込み客に向けに、商品やサービス・セミナーなどの紹介したランディングページ(セールス)を紹介します。

このように、リードナーチャリングとは潜在的なニーズがあると予想される見込み顧客(=リード)に対して、ステップメルマガなどの情報提供により、あなたの商品やサービスへの購買意欲を高めていくためのプロセスを指しています。

Emanon Proならランディングページ(リード)と外部メール配信システムを併用し、ステップメルマガで情報を提供しながらランディングページ(セールス)に誘導する仕組みを構築することができます。

メルマガ配信スタンド

ステップメール機能があるメルマガ配信スタンドを3つご紹介します。件数に応じて無料から月額費用が発生するなど、それぞれ料金体系に特徴があります。利用目的、配信件数に応じてお選びください。