CTAは「Call To Action(コールトゥーアクション)」の略語です。Webサイトに訪問した人にとってもらいたい行動(アクション)を呼びかけるという意味です。メルマガの登録や資料請求、無料コンテンツのダウンロードなどの行動を喚起し、サイト訪問者のコンタクト情報を収集します。

収集したサイト訪問者のコンタクト情報(主にメールアドレス)を通じて、商品購入やサービス利用へ誘導することが狙いです。

Emanon Proでは、CTAボタンを投稿ページ固定ページに設置することができます。プラグイン「Contact Form 7」に対応しており、コンタクトフォームを埋め込むことも可能です。

設定方法

WordPress管理画面 > 外観 > カスタマイズ > CTA設定をクリックすると、下記画面が表示されます。

cta設定画面

CTA表示設定

CTA表示設定

CTAは3種類あります。ページ(投稿・固定)用のCTA、フッター用のCTA、そしてPopUp型のCTAです。それぞれ表示する箇所を設定することができます。また、ページ単位で表示、非表示の設定も可能です。

PopUp型のCTAは、 PopUp CTA(フロントページ)の表示・、投稿ページの表示・、固定ページの表示、アーカイブページの表示をいずれかの項目を有効にすることで、パソコンからサイトを閲覧すると表示されます。

スマフォやタブレット端末でも表示したい場合、PopUp CTA(モバイル)の表示を有効にしてください。

ページ(投稿・固定)用CTA

投稿ページ・固定ページ用のCTAは、ページの下部に表示されます。ページ(投稿・固定)用CTAは、 潜在客向け・そのうち客向け・比較客向け・見込み客向け※の4パターンを設定することができます。

ページ(投稿・固定)用CTA

4パターンのページ(投稿・固定)用CTAを設定する必要がない場合、CTA設定(共通)を設定することで、全ページ共通の内容となります。

※サイト訪問者は、ニーズとウォンツの状況に応じて4つに分類することができます。SNSや広告で潜在客にPRし、そのうち客、比較客へと育てながら、見込み客へとリードすることで、Web集客による成果が出やすくなります。

  • 潜在客:顧客になる条件を潜在的に持っている。悩みや欲求に自覚がない。
  • そのうち客:悩みを解決したい欲求があるが、今すぐ必要だとは感じていない。
  • 比較客:商品購入の判断基準が定まっていない状態。欲求の刺激が必要。
  • 見込み客:商品の必要性と購入欲求は高まっている。あと一押しの状態。

画像配置

CTAの画像配置は、左、中央、右の3つから選択できます。下記画像は、CTA画像 左配置レイアウト例です。

CTAレイアウト

CTAボタンURL

CTAボタンURLには、Webサイトに訪問者に見せたい固定ページのURLや外部サイトのURLを入力します。Emanon Pro場合、プラグイン「Contact Form 7」のショートコードを設定することもできます。

ショートコード

WordPress管理画面 > お問い合わせ からショートコードをコピーします。

Contact Form 7の表示

WordPress管理画面 > 外観 > カスタマイズ > CTA設定 ショートコードをそのまま貼り付けることで、「Contact Form 7」のフォームを表示することができます。

配色設定

CTAの背景、タイトル、テキスト、ボタン色を自由に設定することができます。

配色設定

上記画像は、背景色を#000000、タイトルを#3050a0、テキストを#fff、ボタンは初期値(#f35b25)の設定例です。

ページ(投稿・固定)用CTAのセレクトと非表示設定

CTAはページ単位で、種類を変更することができます。この機能には、ページの内容に応じてCTAを変更することでCV率を高める狙いがあります。

投稿・固定ページともに、初期値は、CTA(共通)です。ページの編集画面右下にあるCTA設定で、表示したい種類をページごとに設定することができます。

CTAの種類選択

ページ単位で、CTAを非表示にしたい場合、ページの編集画面で、「CTAを非表示にする」・「PopUp CTAを非表示にする」を有効化してください。

PopUp型CTA

popup-cta-pc

PopUp型CTAは、スクロールすることでページの下部から浮き上がるタイプのCTAです。ページ(投稿・固定)用のCTAと比較すると情報を記載するエリアが限られているため、メルマガ登録への誘導などのシンプルなCTAに向いています。

PopUp CTA(モバイル)の表示を有効化した場合、スマフォ・タブレット時にモーダルウィンドウ形式で表示されます。

PopUp型CTA

CTAフッター設定

WordPress管理画面 > 外観 > カスタマイズ > CTA設定 > CTAフッター設定をクリックすると、下記画面が表示されます。

CTAフッター設定

フッタータイトル(ロゴ画像 altタグ)には、サイト名が初期値となっています。フッターロゴに画像をアップロードしない場合、フッタータイトルが表示されます。

CTAフッター設定例
CTAフッター設定

フッタータイトルURLには、サイトトップのURLが初期値となっています。他のサイトのURLなどに変更することが可能です。(例:自社のコーポレートサイトURL)

メッセージには、営業時間やCTAボタンのクリックを誘導するPR文を入力して下さい。

スポンサーリンク