Emanon Proでは、カスマイズ機能とウィジェット機能を設定するだけで、Google AdSenseなどの広告をサイドバーや記事に掲載することが可能です。

広告設定

Google AdSenseを想定し、広告設定の機能は下記のように制御しています。

  • 広告ラベル「スポンサーリンク」と表記
  • 404エラーページで広告を表示しない
  • 特定の投稿ページや固定ページでの広告非表示の設定が可能

広告の設定は、カスマイズ機能から「広告を表示ページ」と「広告の表示位置」を設定します。

広告の表示ページ

WordPress管理画面 > 外観 > カスタマイズ > 広告設定 > 広告の表示ページをクリックすると、下記画面が表示されます。

広告の表示ページ

広告表示は、以下5つのページ分類から選ぶことができます。

  • フロントページ及びアーカイブページ
  • 投稿ページ
  • 固定ページ
  • フロントページ(インフィード広告)
  • アーカイブページ(インフィード広告)

フロントページ及びアーカイブページは、サイドバーに広告を設定している場合のみ有効です。

投稿ページと固定ページは、サイドバーまたは、記事本文h2の上、記事末尾に広告を設定している場合のみ有効です。

広告を表示したいページにチェックを入れ、以下の手順で広告コードを設定します。

「フロントページにインフィード広告を表示」と、「アーカイブページにインフィード広告を表示」は、Google AdSenseのインフィード広告の設定に使用します。インフィード広告の設定方法は、下記ページをご覧ください。

AdSense インフィード広告の表示設定

広告コードの取得

以下の手順は、Google AdSenseを利用することを前提に説明しています。アフェリエイト広告の場合、広告配置に関するポリシーが異なりますので、ご利用になる広告プログラムの規約を参照ください。

Google AdSenseにログインし、広告の設定から広告ユニットを作成してください。

必要な広告ユニットサイズは、「300px 250px」です。広告ユニットの作成後、広告コードを取得してください。

ウィジェットに広告コードを貼り付ける

WordPress管理画面 > 外観 > ウィジェットをクリックすると下記画面が表示されます。

ウィジェットに広告コードを貼り付ける

広告用のウィジェットにカスタムHTMLでGoogle AdSenseなどの広告コードを挿入・保存することで、任意の場所に広告を表示することが可能です。

カスタムHTMLでGoogle AdSense広告コードを挿入

広告の表示位置を示すウィジェット

広告用のウィジェットは全部で6種類あり、それぞれ表示位置に呼応しています。

  • 広告[共有]:全ての広告枠に同じ広告(同じ広告コード)を利用できます。
  • 広告[サイドバー]:サイドバーの上に位置する広告枠です。
  • 広告[記事h2 左上]:記事本文のh2タグの左上に位置する広告枠です。
  • 広告[記事h2 右上]:記事本文のh2タグの右上に位置する広告枠です。
  • 広告[記事 左下]:記事本文のh2タグの左下に位置する広告枠です。
  • 広告[記事 右下]:記事本文のh2タグの右下に位置する広告枠です。

WordPress管理画面 > 外観 > カスタマイズ > 広告設定 > 広告の表示位置 をクリックすると、下記画面が表示されます。

広告の表示位置

スマホからサイトを閲覧した場合、自動で広告表示数が制御されます。

  • サイドバー広告:スマホから閲覧した場合は非表示
  • h2の左上 または h2の右上 広告:スマホから閲覧した場合は、広告[記事h2 左上]だけ表示
  • ページ左下 または ページ右下:ススマホから閲覧した場合は、広告[記事 左下]だけ表示

Google AdSenseのポリシーに違反すると、最悪の場合、Google AdSenseのアカウントが停止処分となることがあります。

広告掲載については、AdSenseヘルプを参照した上で運用することをお勧めします。

参照:広告の配置に関するポリシー

投稿ページ・固定ページ単位での広告の非表示設定

広告表示の設定

ページ単位で広告を非表示にしたい場合、ページ編集画面の右下にある広告表示設定の「広告を非表示にする」をオンにします。