プラグイン「Emanon Premium Blocks」を有効化すると、「区切りセクションブロック」が利用できます。区切りブロックは、サイドバーなし(1カラム)のページで使用することを前提としたブロックです。Emanon Premiumのカスタム投稿ページ[セールス]での使用や、「サイドバーなし」に指定した投稿ページ、固定ページで使用してください。

設定

ブロックエディタのEmanon Premium Blocksから区切りブロックを配置します。

ブロック配置時の表示

区切り線[上]設定 区切り線[下]設定

区切り線は、上下に設定が可能です。アーチ型やトライアングルなど8種類のデザインを指定できます。区切り線[下]設定を使用する場合は、色設定を調整しながらデザインを確認してください。

ブロック設定

区切りブロックの全体を囲むタグの指定や、背景色の指定が可能です。

コンテンツ幅

区切りブロック内のブロック配置エリアの横幅を最大1180pxまで指定するできる機能です。コンテンツ幅指定を無効にするとページ幅が自動で適用されます。

コンテンツ内余白[標準設定]

区切りブロック内の余白を上下指定が可能です。0pxから64pxまで余白を指定します。

コンテンツ内余白[詳細設定]

区切りブロック内の余白をpx単位で詳細に設定する場合、ブロック内余白を詳細設定に指定してください。

区切りセクション内(インナーブロック)のブロック間余白

区切りセクション内に複数のブロックを縦に配列する場合、ブロック余白設定またはスペーサーブロック同士の距離(上下の余白)を調整してください。

ブロック余白設定

表示例

区切りブロックは、インナーにブロックを配置することができます。下記ブロックは、Emanon Premium Blocksの「区切りブロック」内に「カバーブロック」を全幅で配置した表示例です。

ページのサイドバーが非表示の場合のみ全幅が反映されますのでご注意ください。サイドバーなし(1カラム)の指定は、Emanon設定>レイアウトでページ種別ごとに一括で指定するか、ページ編集画面の非表示・無効設定でページ単位で指定してください。

カバーブロック

上記の表示を再現する手順です。

  1. Emanon Premium Blocksの「区切りブロック」内にカバーブロックを配置後、カバーブロックを全幅に指定します。
  2. 区切りブロックの区切り線[下部]設定を2重ウエーブに指定します。
  3. コンテンツ内余白[標準設定]で全ての余白を0に設定します。