カスタム投稿[セールス]は、商品販売やサービス案内を目的としたランディングページ専用ページです。ヘッダー要素やフッター要素を非表示にできるので、白紙の1カラムページにブロックを配置しページをデザインできます。

設定方法

Emanon設定 カスタム投稿で初期設定を行うとWordPress管理画面のメニューに追加されます。

ヘッダーとフッターの非表示・無効設定

カスタム投稿[セールス]は、初期設定の状態だとヘッダー部分(サイト名・ロゴ、ヘッダーメニューの表示エリア)が表示されます。

ヘッダー部分を非表示(白紙ページ)にする場合、非表示・無効設定からヘッダーを無効に切り替えて、ページを保存してください。

非表示・無効設定

ランディングページの構成

ランディングページの目的は、そのページでコンバージョン(商品販売やサービスの申し込みなど)を発生されることです。ページ内で注文や申し込みを発生させるために、適切な順番で情報を伝える構成を目指します。適切な順番とは、 Webサイト訪問者の態度変容を促す情報構成を意味します。

ベネフィットと商品特長を整理

ベネフィットとは、商品販売やサービスを利用した後に発生するユーザー体験のことを意味します。ランディングページを作成する前に、購入前の状態(Before)と購入後の状態(After)をユーザーがどのように感じるのかを整理します。具体的には、ユーザーへのアンケートやヒアリングで情報を集め、ベネフィットを文章で表現します。

ベネフィットはユーザーの主観・個人の感想でしかないので、明確な根拠がなければ、信頼性が欠けた状態になります。ベネフィットが発生する根拠を商品特長で訴求しましょう。

ベネフィット

ユーザーが感じる効果や利益
  • ユーザーの主観・価値観
  • 購入前と購入後の変化
  • 商品から得られた効果

商品特長

ユーザーが感じる効果や利益
  • 競合商品との違い
  • 独自の価値観
  • ベネフィットを支える根拠

ベネフィットと商品特長を文章にまとめ、ランディングページに記載することで、未購入者の不安を解消することができます。これがコンバージョンにつながる最も重要なランディングページの要素です。

ベネフィットの作り方

ベネフィットを考える際「ユーザーはどのような機能をどう使うのか?」、それにより「どんな目的を達成できるのか」、結果「どんな好ましい未来(ベネフィット)が実現するのか」という流れで整理します。

  1. STEP 1
    • どんな機能があるのか
    • どんな成分が含まれているのか
    • どのような形状なのか
    • 商品・サービスのこだわりは何にか?
  2. STEP 2
    • その機能でどんな課題が解消できるのか
    • その成分でどんな悩みが解消できるのか
    • その形状によりどんな問題が解決するのか
    • そのこだわりは、何に貢献するのか?
  3. STEP 3
    • ユーザーのどんな心が満たされるのか
    • ユーザーはどんな幸せを実感できるのか
    • ユーザーはどんな自己表現ができるのか
    • ユーザーはどんな便益が手に入るのか

ページ構成

一般的なランディングページの構成は次の通りです。ファーストビューからフッターまで上から下にスクロールされることを前提に情報を配置します。

  1. ファーストビュー:キャッチコピー
  2. 共感
  3. 商品紹介
  4. ベネフィット
  5. 商品の特長
  6. 比較
  7. 料金・特典
  8. 実績・お客様の声
  9. よくある質問
  10. セールスコピー:申し込みフォーム
01

ファーストビュー:キャッチコピー

カスタム投稿[セールス]にはアイキャッチ機能がありません。ファーストビューは商品イメージとキャッチコピー、コンバージョンボタンなどをで構成するため、WordPress本体のカバーブロックを利用します。

下記の表示サンプルで使用したブロックは次の通りです。

WordPressテーマEmanon

Webサイトから集客が増えるビジネス専用テーマ

機能を詳しく見る
機能紹介ページの移動します
ダウンロードする
商品案内ページに移動します
スマホ表示用のカバーブロック

カバーブロックをスマホ表示とパソコン表示で切り替えたい場合、ページ編集画面に、スマホ表示用のカバーブロック、次にパソコン表示用のカバーブロックを配置します。

ページ編集ページのサイドバーにあるデバイス表示設定で、スマホ表示用のカバーブロックスマホ:600px以上は非表示、パソコン表示用のカバーブロックパソコン:959px未満を非表示をそれぞれ指定してください。

デバイス表示設定

参照マニュアル:デバイス表示設定

ブロックの配置方法

カバーブロックを配置し、画像の配置、タイトル・段落ブロック・ボタンブロックを挿入します。幅の指定は全幅にするとページの横幅100%で画像を配置できます。

カバーブロックの全幅配置
02

共感

見込み客の悩みを明記し、共感をつくることで商品への注目度を高める狙いがあります。商品ターゲットに近い人物の写真を利用すると目に留まりやすくなります。

下記の表示サンプルで使用したブロックと機能は次の通りです。

こんなお悩みはありませんか?

数年前にWordPressで作ったWebサイトから問い合わせが増えないず困っている。

WordPressでヨガ教室のWebサイトを作りたいけど、ブロガー向けのテーマばかり。ビジネス向けのテーマを探しています。

ブロックの配置方法

Emanon Premium Blocksの吹き出しブロックは、吹き出し部分の文字サイズを変更する機能がありません。そこで、Emanon Premium Blocksの文字装飾機能ボタンを使って文字サイズを調整します。

吹き出しブロックの文字サイズ変更
03

商品紹介

商品紹介は、ターゲットの悩みを解決できることを表現するパーツです。商品に興味を持ってもらうために、分かりやすい見出しと表現を試みましょう。

下記の表示サンプルで使用したブロックと機能は次の通りです。

  1. Emanon Premium Blocks 見出し[Emanon]:スタイル設定 垂直線:上[見出し]
  2. カラムブロック:3列配置。カラム内にパネル・アイコン・見出し・段落ブロックを配置
    1. Emanon Premium Blocks パネルブロック
    2. Emanon Premium Blocks アイコンブロック

その悩みEmanonが解消します!

CTA機能で集客

EmanonのCTA機能でユーザーアクセスをCVにつなげます。ページにあったCTAを個別配置できます。

LPで集客

リスティング広告のLPを専用ページで作成できます。WordPressのページ編集画面からデザインするだけ。

SEO内部施策で集客

構造化データ対応やクロールされやすい内部構造で検索エンジンからの流入を増やします。

ブロックの配置方法

カラムブロック33/33/33を選択します。

カラムブロック初期設定

各カラムにEmanon Premium Blocksのパネルブロックを配置します。パネルブロック内にアイコンブロック見出しブロック( スタイル:装飾なし)段落ブロックを配置します。

カラムブロックにパネルブロックを挿入した状態
04

ベネフィット

ベネフィットは、商品を購入したあと(After)にユーザーがどのように感じるのか訴求するパーツです。商品を購入することでユーザーの悩みを解決し、どんな利益をもたらすのか表現します。

下記の表示サンプルで使用したブロックと機能は次の通りです。

  • メディアとテキストブロック
    1. メディアとテキストブロック内:見出しブロック
    2. メディアとテキストブロック内:段落ブロック

サンプルでは、1つだけベネフィットを用意していますが、複数のベネフィットがある場合、3から5つぐらいの範囲で設置しましょう。

ユーザーの96%が見込み客が増えたと実感

WordPressテーマEmanonに搭載のCTA機能を活用することでWebサイト訪問者のコンタクト情報をスムーズに収集できるようなり、有効な商談につながます。

ブロックの配置方法

メディアとテキストブロックは、全幅状態で配置されます。デザインに合わせて、「幅広」または「なし」に切り替えてください。


メディアとテキストブロックの配置指定
05

商品の特長

商品の特長は、ベネフィットを支える根拠を説明するパーツです。未購入者が抱く疑問(例 本当にそんな効果があるの?)を解消します。

下記の表示サンプルで使用したブロックと機能は次の通りです。

  1. Emanon Premium Blocks 見出し[Emanon]:スタイル設定 垂直線:上[見出し]
  2. 段落ブロック
  3. 画像ブロック
  4. カラムブロック
    1. カラムブロック内:Emanon Premium Blocks パネルブロック
    2. カラムブロック内:段落ブロック

0

WEB集客に特化したテーマ

Emanonの特長

Emanon®は、企業や士業、個人事業主向けのビジネス専用WordPressテーマです。
企業サイトやビジネスサイト、オウンドメディアに必要な機能をご用意しています。

Emanonの特長
100%GPL

1度購入すれば、複数のサーバーで使い回しが可能です。GPL に基づき制限なく利用できます。

ビジネスにあったデザイン

過度な装飾を排除したシンプルなデザインで、信頼を感じ取れるWebサイトに仕上がります。

リードを獲得できる機能

Webサイト訪問者にアクションを促すCTA機能と資料請求ページで見込み客を獲得できます。

セールス用のランディングページ

見込み客を顧客にするためのブランディングページ機能を搭載しています。

ブロックエディタ対応

専用プラグインのインストールで、ブロックの拡張やオリジナルブロックが利用できます。

サイト表示速度の取り組み

表示速度を向上する機能を提供しています。専用の設定画面から機能を有効化できます。

06

比較

比較とは、商品の購入やサービスの利用を検討している未購入者に、他と比較した時にどんな違いがあるのかを示すパーツです。自分たちに都合のよい情報を掲載するのではなく、ユーザーが安心して購入検討できるよう商品やサービスのプラス面とマイナス面を誠実に表現しましょう。購入者への信頼性が高まります。

下記の表示サンプルで使用したブロックと機能は次の通りです。

WordPressを初めて使う方へ

Emanonのメリット・デメリット

Webbサイト制作会社に依頼した場合とユーザー自身でテーマを使ってWebサイトを制作した場合を比較しました。WordPressテーマを購入しインストール・有効化することで自由にWebサイト制作できますが、WordPress本体の機能やテーマ固有の機能を学習するコストが発生しますので十分のご検討ください。

比較項目外注パートナーの場合内製の場合
費用制作費用が数十万円以上WordPressテーマ代金のみ
コスト2ミーティングや確認にかかる時間機能の学習時間と設定時間
トラブル3保守契約で対応自社で対応
サポート4保守契約で対応WordPressテーマ販売会社に依頼
  1. :Webサイトの外注費用はページ数や要求機能によって変動します。テーマ固有の機能でどこまでニーズを満たせるか事前に確認しましょう。サーバー代金やドメイン代金は別途発生します。
  2. :WordPressを運用するためには、WordPress本体の機能とテーマの機能を理解することが重要です。
  3. :トラブルは、WordPress本体のバグ・プラグインとテーマの相性、ユーザーの間違った使用など様々な原因で発生します。トラブルの内容によっては専門知識を有したスタッフや外注パートナーに相談する必要があります。
  4. :サポートは、対応範囲が決まっていますので事前に確認しましょう。対応コストが高いサポートは費用がかかります。

ブロックの配置方法

テーブルブロックの注釈(例 ※数字)は、注釈を示す数字を入力し、文字装飾:注釈を指定して表現します。注釈を示す数字を選択して、文字装飾:注釈をクリックしてください。

文字装飾:注釈の指定方法

注釈のリストブロックは、数値リストに指定し、スタイルを注釈にします。最後にリストブロックをグループ化して、スタイルをボーダーに指定します。詳しくは、グループ化の手順をご確認ください。

数値リストに指定
スタイルを注釈に指定
07

料金・特典

商品・サービスの料金を紹介するパーツです。購入者限定の特定がある場合、付加価値が上がるので追記しましょう。料金の表現方法は3つあります。

08

実績・お客様の声

実際に商品やサービスを利用しているユーザーの声を表示し、安心感を醸成するパーツです。お客様の声は、インタビューした内容を表示するケースやTwitterの投稿を埋め込み形式で表示する方法などがあります。下記は、埋め込みブロック:Twitterで投稿を表示したケースです。

09

よくある質問

商品・サービスの購入前に発生する疑問や不安を解消するためにFAQを表示するパーツです。Emanon Premium BlocksのFAQブロックを使用します。

購入前の不安を解消するために記載した方が良いFAQは次のとおりです。

  • 購入方法・決済方法に関する回答
  • キャンセルや返品に関する回答
  • サポートの有無に関する回答

など

10

セールスコピー:申し込みフォーム

商品の購入フォームやサービスの申し込みフォーム・ボタンなどを配置します。クロージングする重要なパーツです。フォームの埋め込みができない場合、購入ページのURLをボンタンリンクに配置します。

下記の表示は、Emanon Premium Blocksのボタン[Emanon]を配置した例です。マイクロコピーをボタン上部に配置することで、ボタンをクリックすると何が発生するか明示します。

購入申し込みページに移動します
Emanon Premium 銀行決済に進む

マイクロコピーとは、ボタンや入力フォームの周辺に表示する短い文字・メッセージです。マイクロコピーをボタン周辺に表示し、クリックへのためらいを払拭する狙いがあります。マクロコピーを適切に使うことでCV率の改善も期待できます。

下記のような購入不安を排除するマイクロコピーの設置をお勧めします。

  • 14日間 無料体験:支払い不要でトライできることを伝え、躊躇を排除。
  • 3分で申し込み:申し込みが簡単だと伝えるのが狙い。
  • 導入実績1万件以上:実績があることを伝え、信頼性を訴求。
  • 60日間返金保証:購入後、使いこなせいまたは期待はずれという後悔を排除。
  • 明日までにお届けします:すぐに購入したいユーザーの期待を満たす。

など

参考:山本琢磨氏著「Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー

マイクロコピーの事例をより深く学びたい方は、山本琢磨氏の「Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー」(秀和システム)をお薦めします。豊富な事例と具体的なマイクロコピーが紹介された書籍です。

[PR]

CTA[追従型]の設置

ランディングページの構成上、ページが長くなります。スマホ経由でWebサイトが閲覧されると、長いページは読み飛ばされることが多く、CVが思ったほど増えないことがあります。

そこで、ページの途中でもCVを促せるようEmanon PremiumのCTA[追従型]をカスタム投稿[セールス]に設置することをおすすめします。

CTA[追従型]は、カスタム投稿[セールス]の内容に合わせて個別に編集ページから設定が可能です。詳しい設定手順は、マニュアルCTA[追従型]をご覧ください。

カスタム投稿[セールス]の編集画面:サイドバー