有料プラグイン Emanon Blocks では視認性が高く、分りやすいボタンブロックが利用できます。このページではボタンブロックについて解説します。

ボタンブロックの使い方

まず、編集画面左上の+アイコンをクリックします。

ブロックの一覧が表示されるので、その中からボタンをクリックします。

ボタンブロックはWEBページの訪問者にリンク先をクリックして貰いたい時などに使用するブロックです。代表的なのが購入やお問い合わせといったものになります。訪問者に次の行動を促す目的に適したブロックと言えます。

WordPressには既存のボタンブロックがありますが、有料プラグイン Emanon Blocks では、より簡単で使いやすいボタンブロックになっています。

ボタンブロックの設置

ブロックの一覧からボタンをクリックすると編集画面上で下記のように表示されます。

ボタンブロックの設定

Emanonのボタンブロックでは、ボタンブロックに表示させたいテキストや挿入したいリンクなどの設定は編集画面右側で行います。こちらでは基本となる設定について紹介します。

  1. カラム数を変更することで、Emanonのボタンブロックでは最大3つのブロックを設置できます。
  2. 次にボタンに表示させるテキストを挿入します。
  3. ボタンのリンク先URLを挿入します。
  4. リンク先の表示を現在のウィンドウに表示させるか、新規のウィンドウに表示させるかを設定します。
  5. ボタンサイズを設定します、サイズは小・標準・大から選択できます。

表示例

下記は、3カラムのボタンブロックの配置例です。

このように簡単にボタンブロックを作ることができます。Emanonのボタンブロックは詳細設定を全て編集画面の右側のサイドバーで行うため、編集作業が煩雑にならず使いやすいという特長があります。例えば、ボタンの配色は、色設定から指定します。

表示例では、ボタン[背景]・ボタン[ボーダー]・ボタン[テキスト]に色指定を行なっています。色を指定したい箇所をクリックすると、カラーパレットが表示されます。

カラーパレットの表示