カスタムCSS設定とは、特定の投稿ページや固定ページだけCSSによる装飾をすることができる機能です。テーマファイルを編集することなく、任意のCSSを追加できます。

<pカスタムjavascript設定も、特定の投稿ページや固定ページだけに適用されるjavascriptを設定できる機能です。< p=””>

カスタムCSS設定およびスタムJavaScript設定は、投稿ページや固定ページの編集画面から利用できます。

カスタムCSS設定の使い方

カスタムCSS設定の使い方を解説します。

カスタムCSS設定

まず、カスタムCSS設定に任意のCSSを登録し、記事本文にclassを挿入します。上記例の場合だと、imageというclassを反映しています。

ページの枠線を消したい場合は、下記CSSをカスタムCSS設定します。

.article {
border: none;
}

ページの余白を消したい場合は、下記CSSをカスタムCSS設定します。

.article-header,
.article-body {
padding: 0;
}

カスタムCSS設定後、記事を更新すると、そのページのheadタグ内にstyleタグとしてCSSが出力されます。

画像を丸くする

上記画像のように、ページ単位でCSSを調整することが可能です。

カスタムCSS設定を活用するには、CSSに関する知識が必要です。もし、CSSの追加によりデザインやレイアウトが崩れた場合は、カスタムCSS設定で追加したCSSを削除・更新してください。

追加するCSS定義によっては、あらかじめ設定されているEmanon ProのCSSの定義により、意図通りに反映されない場合があります。

カスタムJavaScript設定の使い方

カスタムJavaScript設定

Google広告などのCVを測定したい場合、固定ページで申し込み完了ページを作成し、そのページにGoogle広告などCV用タグをカスタムJavaScript設定に反映してください。

</pカスタムjavascript設定も、特定の投稿ページや固定ページだけに適用されるjavascriptを設定できる機能です。<>