Emanon Freeでは、テーマカスマイズ機能の広告設定とウィジェットを使うことで、簡単に広告を掲載することが可能です。

利用者の多いGoogle AdSenseを想定し、広告設定の機能は下記のように制御しています。

  • 広告ラベル「スポンサーリンク」と表記。
  • スマホからのサイトを閲覧した場合、広告を同じ画面に2つ表示しない。
  • 404エラーページで広告を表示しない。
  • 特定の投稿ページや固定ページでの広告非表示の設定が可能。
  • 1ページに配置可能な広告上限数を超えないように表示箇所を設定可能。

広告設定

WordPress管理画面 > 外観 > カスタマイズ > 広告設定をクリックすると、下記画面が表示されます。

広告設定

広告の表示ページ

広告の表示ページ

広告を表示したいページを選択します。表示を制御できるページは、以下の3つです。

  • フロントページ及びアーカイブページに広告を表示する
  • 投稿ページに広告を表示する
  • 固定ページに広告を表示する

広告を表示したいページにチェックを入れ、以下の手順で広告コードを設定します。

なお、以下の手順は、Google AdSenseを利用することを前提に説明しています。アフェリエイトなどのGoogle AdSense以外の広告の場合、広告配置に関するポリシーが異なりますので、ご利用になる広告プログラムの規約を参照ください。

広告コードの取得

Google AdSenseにログインし、広告の設定から広告ユニットを作成してください。

必要な広告ユニットサイズは、「300px 250px」です。広告ユニットの作成後、広告コードを取得してください。

ウィジェットに広告コードを貼り付ける

WordPress管理画面 > 外観 > ウィジェットをクリックすると下記画面が表示されます。

広告ウィジェット

Google AdSenseの広告コードは、ウィジェット「広告 300px 250px」にテキスト形式で挿入・保存します。

「300px 250px」の広告コードを設定が終わりましたら、再び、WordPress管理画面 > 外観 > カスタマイズ > 広告設定に移動し、広告の表示位置の設定に移ります。

広告の表示位置

広告の表示位

Emanon Freeでは、広告1ページあたりの広告表示箇所を選択することができます。

表示箇所を3つまで選択してください。

スマホからサイトを閲覧した場合、広告の表示位置は以下のように自動で制御されます。

  • 「サイドバー広告」:スマホから閲覧した場合は非表示
  • 「h2の左上 または h2の右上 広告」:スマホから閲覧した場合は1枠だけ表示
  • 「ページ左下 または ページ右下」:ススマホから閲覧した場合は1枠だけ表示

1ページに配置可能な広告の上限

Google AdSenseは、1ページに配置可能な広告数が定められています。

広告上限数は、コンテンツ向けAdSenseユニットとリンクユニットは3つ、検索ボックスは2つまでとなっています。(2016年3月時点)

Google AdSenseのポリシーに違反すると、最悪の場合、Google AdSenseのアカウントが停止処分となることがあります。

広告掲載については、下記のAdSenseヘルプを参照した上で運用することをお勧めします。

参照:広告の配置に関するポリシー

投稿ページ・固定ページ単位での広告表示設定

広告表示設定

広告を表示したくないページについては、ページ編集画面の右下にある「広告表示設定」のチェックボックスをオンにすることで、そのページの広告を非表示にすることができます。

スポンサーリンク